やっちゃった感満載@等々力陸上競技場「VS ヴィッセル神戸戦」

 誰か「逆」等々力劇場とか言ってましたが、元々の由来を考えるとあれが「正調」等々力劇場だったはず。

 まさにバンザーイ、なしよorz、みたいな。

 08年の開幕戦でヴェルディにPKを与えて引き分けて、何とも言えず微妙感たっぷりの結末を思い出しました。ついでに言うと、その年は最終節がやっぱりヴェルディで彼らは降格したんですけどもフラグが立ったとかアホな事を言わずに
、これじゃイカンと思うのがタイトルを狙う人たちのはず。

 張本さんに喝、入れてもらいましょうかね。

 部分的に見ると良いんですよ。結果として2失点してますが、昨年よりはポカミスで大ピンチが少ないと感じましたし、ルーズボールへの出足と、取った後の動かし方もダイレクトプレーとポゼッションの使い分けは出来ていたと思います。

 また課題として見ていた強烈なプレスをかけてくる相手へのポゼッションも、昨年の苦し紛れだなぁと思うパスも少なく成長を感じていたんですけどね。

 失点はセットプレーと、ドリブル突破を止められなかった事によるものだったと思います。ある程度は今季の失点パターンが見えたように感じました。ただ後者は難しいです。最悪ファウルで止めると言う手段もありますが、場合によってはピンチを増やしただけのケースもありますからね。

 そういう意味では押し込まれてチームとしてのスタイルより、個人戦術で戦わねばならない局面では、まだまだ脆さがあるように見えます。組織的に守れるシーンでは失点するパターンは少なくなるかもしれない淡い期待だけは次節まで懐いて良いでしょうか。

 攻撃面ですがサイドチェンジからの流れは素晴らしいですが、ヨシトがボックス内でフィニッシュに絡むようなシーンがもっとあって良いだろうと思います。それぐらい繋げてた訳ですしね。
 




 相手にとって危険なポイントで、ヨシトが持てないんですから迫力でませんよね。あれだけ消えてるならスアレスもイブラヒモビッチもメッシも怖くないですよ。

 シーズンは始まってしまったので、やりながら修正していくしかありません。

"やっちゃった感満載@等々力陸上競技場「VS ヴィッセル神戸戦」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント