蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイヒー@等々力陸上競技場「VS アルテ高崎戦 天皇杯2回戦」

<<   作成日時 : 2011/10/09 02:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

 パスカットから縦一本で抜けだされてクロスから失点と言う流れだったと思いますが、申し訳けないけど酷い失点シーンだったと思います。

 勝って当然と言われる試合は上手の方がプレッシャーは大きいものですが、国見高校を筆頭に格下と目される相手に失点した事は今までもありましたが天皇杯の初戦でここまで苦しんだのはあまり記憶にありません。

 先日、復帰したばかりで試合勘が鈍っている稲本はともかくとして、他の選手の動きが鈍いですね。ボールホルダーを追い越す動きにしろ、サイドからニア側のバイタルエリアを使って崩す動きにもスピード感が少なく、前半はミドルシュートの数も少なかったです。

 加えて陣形がコンパクトではなくスカスカ。JFL相手だからこそ目の粗い網にかかった部分はあったでしょうが、J2相手だとピンチになったろうかなと思われるシーンもありました。

 また選手間の距離を縮めてパス&ムーブで崩すのが今年のコンセプトだったはずなのに、動きの質が悪い上にポジショニングも離れているので中途半端なパスを出してはカットされていたなと感じます。

 端的に言って相手の方がよっぽど組織的に動いていたと思います。もし仮にこちらが同じように組織的にハードワーク出来ていれば、相手に何もさせずに勝ち切る事が出来たはずです。

 正直、この試合は90分でケリをつけるべき試合でした。それが延長戦に入ったと言う時点で「負けたような気分」になりました。ジュニとケンゴがいなくても、それなりのスコアになったはずです。

 田坂のミドルが決まって次のラウンドに進むものの、それ以外に喜ぶべき事はありません。むしろ怒るべき内容だったと思います。

 そして何より残念なのは今年目指して来たサッカーの「現時点」は、JFL相手にも苦戦すると言うように見える事でしょうかね。
 

 
 

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりに観戦したがパスサッカーは浸透してないし通用しないしフロンターレには合わないということ。フロンターレは引いて守ってショートカウンターロングボールがいい。選手間の距離が長いしパスを出してもタイミングが合わないし動き出しが悪いし周りがよく見えてない。あと前線にテセのようなポスト出来る選手若い時のジュニのようなスピードある選手が欲しいし最終ラインに守備が安心して見られる選手が欲しい。代表じゃ劣化したと言われるケンゴやジュニがいないとこんなものか。田坂楠神はよく頑張ったな。田坂はパス出したりドリブルしたり楠神のドリブルは半端なかった。楠神はスタメンでこれくらい出来ればいいが出来ないんからもったいない。
元川崎市民
2011/10/09 08:45
私は観戦できませんでしたが聞いた所によると相当酷い試合だった様で・・・
相馬サッカーをまた来年やる必要性ってあるのでしょうかね?契約は2年と聞いてますが来年も相馬が目指すバルサのパスサッカーなんてできずに2年遠回りするに過ぎないと感じます。
やはり今年を見て元川崎市民さんとほぼ同じ意見です。 
親不知の具合はいかがでしょうか?次節までには痛みが引くと良いですね。

B旗ヲ
2011/10/09 09:40
>元川崎市民さん
 何も相手に合わせなくてもいいじゃないかと言う試合でしたね。パスサッカーが合わないと言うよりもボールの引き出しの動きが無いのが一番の問題ですね。

>B旗ヲさん
 前のスタイルでは限界がありましたので、変える必要がありましたがスタイルがパスサッカーなのかカウンターサッカーなのかを問わず、ボールを奪ってからの引き出し方が良くない試合でした。
 この相手にガチガチに引いてカウンターするのは恥ずかしい話なので、遅攻で崩す必要があるのは分かってたのに、これですからね。
 親知らずは抜いて来ましたが予後は良好です。ご心配をおかけしました。
TAK
2011/10/09 22:25
なんのためのポゼッションなのか?という疑問が常につきまとう。
相馬サッカーとは、つまりそういうものかと。
ポゼッション率UPで守備機会は確かに減ってると思います。
しかし、敵はかなりの高確率で、我々の半分以下のシュート数で2点以上奪っていきます。
守備機会が減る=失点率が下がるではないわけですね。
では、攻め倒すためのハイラインか?というとそれも違う。
コンパクトすぎて窮屈になり、同一サイドでショートパスを繋ぎすぎ、最後は困って敵が密集して待ち構えている中央へ強引に入っていき、下手なボールの失い方をしてカウンターを食らう。。。
理論は分かるんですよ。
でも、その理論を体現できる選手がいない。
それも、わたしは開幕前からずっと指摘し続けてきたわけですよ。。。
で、中断期間にさすがに補強するだろうと思ったら。。。
この体制は失敗です。
終わりにしなきゃ、昨季成績を理由にツトさんを切ったことに対するスジが通らない。
相馬監督は若いから、もう少し様子を見ようよという意見もよく聞きます。
監督を育成するようなチーム、プロじゃありません。
クラブが賢明な判断を下すことを期待してます。
KK
2011/10/09 23:44
>KKさん
 何となく「賢明な判断」が下りそうも無い気がします。来年も続投するような気がして、しょうがないんですが(汗)。
TAK
2011/10/09 23:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドイヒー@等々力陸上競技場「VS アルテ高崎戦 天皇杯2回戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる