蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS Jam the football「2011年川崎フロンターレ総括」【J特】

<<   作成日時 : 2011/12/22 23:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

 6年前、日立台でバレーに6点獲られて降格した柏がリーグ優勝してCWCに出るとは、時の流れは早いなと言う事と共に積み上げ次第ではウチもやりようがあるのではないかと考えていました。

 関塚・高畠体制の「ジュニーニョを中心に速攻をベースとしたサッカー」が、今シーズンをもって終了となるので来シーズンに向けて、新たなスタイルを提示して一定の結果を出さねばなりません。

 我々が思っている以上に監督・コーチ陣にとってリスクが大きいですが、逆にチャレンジする意味のある仕事が来シーズンは待っているのでは考えています。

 資金や人脈にも限界があるし相手のある交渉事ですから、どういう補強が出来るのかわかりません。実際、加賀には断られていますし。

 全体像については我々が知りうる事はありませんし、個別の交渉の状況もしかりです。レナト・西部・小松に加えて補強があるのかは現時点では推移を見守るしかありませんね。

 ただ、その前にシーズン総括をしておきたいと思います。数字は「週刊サッカーダイジェスト 2011J.LEAGUE PERFECT REVIEW」に基づきます。

1.順位推移

 11位と言う事で過去、J1にいたシーズンでは降格した2000年に次いで悪い年でした。

画像


 あと2勝していれば2005年の昇格一年目と同じと言う事でお茶が濁せたんですけどもね。ただ勝敗の分布が2005年に近い事から負けゲームを引き分けに持って来られるだけでも、来年の順位は変わってくると思います。

 やはりそこで言うのが得点力でして、今年より失点の多かった2006年はそれ以上に得点しており2位につけています。この年は10得点以上が4人ですか、すごいものです。

 では今年どうして得点数が落ちたのでしょう。それは各ピッチ上のデータを見ながら考えたいと思います。

2.スタイルの影響

 予測としてはスタイルの変化に伴う戦い方の変化。カウンターからポゼッションスタイルへの転換と言うのが影響したのではと考える事も出来ますね。

画像


 データを見ると確かにパスの本数は増えているのですが、実はこの数字でもJ平均よりもかなり下回っていまして、逆にドリブル関連は相変わらずJリーグトップを維持。

 全体的に見ると戦い方の傾向は昨年と変わっていないんですね。この状況でパスサッカーに変わりましたとか言ったら広島・大阪方面から笑われますよ。
 
 では相馬さんのやりたいサッカーは何か。私は攻守の切り替えと前線の機動力を活かしたモノだと思っているのでパスサッカーとカウンターの二元論で語るべきものではないと思います。

 パスも繋ぐし、カウンターもする。細かいパス交換は相手の守備ブロックの隙間を突くためで、それを可能にするのはテクニックはもちろん運動量も必要。

 今年の試合で言うならホーム最終戦がイメージに一番、近いです。

 新体制発表会でもあった通り「攻守に渡る組織化」と言うのがテーマでしたが、好不調の波が激しく決して満足意の成績ではありませんが、片鱗は見せていたと思います。そういう意味では、やはり種は蒔かれていたなと感じますね。

3.ディテールの部分
 
 ただ問題はシュートの部分で、枠内シュート率はJ1全体で17位と言う成績。シュート数が減っている中でキーパスの本数が増えているのは良い事ですが、枠内シュート数の低さを見ると決定力不足は言われてもしょうがないかなと。

 やはりボックス内で人数がかけられない事が多かった事と、出す所が無く、苦し紛れのミドルシュートで攻撃を終わらせざるを得ないケースが見受けられた事のが影響ですかね。

 守備に関してはセンターバックの不安定要素よりも、中盤の守備の方が私は重要かなと考えています。

 8連敗の時は稲本と横山が揃って離脱と言う状況でボール奪取に不安があったのは確かです。これに加えて山瀬のパフォーマンスが上がらなかったのも1つだと思いますね。

 逆に負け無しの時期は稲本と山瀬がキレキレでしたが、サイドハーフがしっかり下がって守った上で、攻撃の最終段階で絡むと言う風にならないと良い結果に繋がりませんし、ボランチが最終ラインにカバーに入ったりボックス内に走り込んでシュートを打ったりと言う事がままあります。

 ただ2人とも通年でハイパフォーマンスが常時、出せる訳でも無いのでバックアップが必要です。

 サイドハーフはノボリや楠神がいるとして、ボランチは横山となるはずが彼はセレッソへ移籍と言う話を聞いています。

 そこをどう埋めるのかが来季へのテーマの1つでしょう。

 日本人あるいは外国人の補強があるのか、もしくはコンバートなのか。それとも他のボランチ起用が考えられている選手にハードワークを求めるのか。方法は確かにあるのです。

 なので考えていて、そんなに深刻にならなくても良いんじゃないのかと言う気持ちで今、います。

 そして、それが錯覚で無いと良いなとも思っています。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
自分が数字を使う仕事をしているからこもしれないが、2011年のスタッツは象徴的ですね。わかりやすかったです。
しかし、次にどうするべきか?
これはクラブの成績に答えはないような気がします。・・・さらなる解析に期待すべきか、それとも創造なのか。

今年、小林や大島が使われることで、成長していくことを実感しました。柏の強さも選手のマネージメントの良さだったようにも感じます。福森や棗を使ってくれないかな。
KOBO
2011/12/23 10:20
どもです、まあフロンターレに限らずこれまでやってきたスタイルを180度変えて一時的に成績が落ちたというのは、どこのクラブでもあることですよね。ウチに限ってここまで大変なことに、ということではないでしょう。

ただフロンターレの場合は根本から変えたことが大きいのかな、とデータを見ても感じました。とはいえ単なるポゼッションサッカーを志向しているわけではなく、これまでのように前線のみで戦っているだけでもないわけですから、単純にこれまでのサッカーに組織的な要素を導入したというのが正確なのかもしれません。それでもゴールが決まらないと意味ないわけですし、ディフェンスの改善は1年だけじゃどうにもならないと考えたら、得点力だけでも来年はどうにかならないかと思います(攻撃も十分、1年ではどうにもならんものですが…)。

今シーズン消化しきれなかった所をどこまで来シーズンの開幕までにクリアできるかで、来シーズンのフロンターレがどの位置まで行けるかわかるでしょう。今シーズンの失敗から逃げないで、しっかりと課題をクリアしてほしいものですね。向かっている方向性自体は間違っちゃあいないわけですし。

小松、西部の加入ですが…まあザワを切ったぐらいだからGK補強のアテはあると思いましたが(苦笑)。ボーンヘッドも多いがビッグセーブをかましてくれるわけですから、これほど意外性のある選手はいませんよね。小松にはジュニが退団していいチャンスなので、ヤジ、コバユウとの争いに割って入ってほしいものです。そして何よりもKOBOさんの言うとおり、大島やコバユウは劇的に伸びてますから、彼らに続く若手が出てきてほしいものです。
並河悠斗
2011/12/23 14:57
結局のところ失点が増えたのと得点力が落ちたのが全てだろう。パスサッカーはJのチームには無理。あえて言えば黄金期のヴェルディ川崎が近いかもしれないがあれはバルサにしか出来ないわけでユースの頃からあのサッカーをやってるんだから。フロンターレもパスサッカーをやるならユースの頃から叩き込まないとトップチームにだけパスサッカーやってもダメだね。ジュニケンゴ外国人頼みのサッカーに限界が来てその後に来る選手達が育ってないから来年は厳しい。出来ればカウンターサッカーに戻してもらいたいが。
元川崎市民
2011/12/23 17:18
そのお断りされた『加賀』が、今オフの重要なキーワードになっていると思います。
今年のサッカーを見ていて、誰もがCBのスピード対応の拙さに目が行きました。
そして、オフになってまず名前が挙がったのが、J屈指のスピードを誇る(らしい)加賀。
うちにはいないタイプであり、しかも補強ポイントに完全にマッチする人選でしたので、サポの頭にも「やはりスピードタイプのCBがいないとダメだ!」ということが再認識されました(それも強烈に)。
フロントとサポの強化の方針というか”思い”が一致したということで、それはそれで良いことだと思います。
しかし、ここまで思いが一致してしまうと、逆に補強できなかったという事態が許されないことになります。
それは今オフの補強戦略の完全なる失敗を意味しますし、その上仮に来年の頭にタイトル宣言などしてしまった場合(100%言うと思ってます)には、一気にサポの心が冷めます。
思いが一致し過ぎているからこそ、それを裏切られたときの反動は大きいわけで。。。
そもそも、補強に失敗してタイトルもクソもないですしね。
なので、交渉事の難しさを考慮しても、スピード対応に優れたCBを補強しない、という結果は許されないと思います。
失敗をしたシーズンの直後であることもサポの感情に拍車をかけていると思いますしね。。。

個人的には加賀じゃなくても實藤でいいじゃんと思うのですが、その場合でもパートナーに強力なCBを補強するというのが絶対条件です。
KK
2011/12/23 17:38
横山がC大阪ですね。
去るものは追わず、なんとしてもみなさんが期待しているスピード系CBの補強をお願いしたいです。 菊池は大宮ですかね・・? 
しかし私の構想では4番 5番 7番 が移籍もしくはレンタルと思ってましたが発表ないです。
田代も欲しかったけど神戸だしレナトを生かすマルクスの様な選手の獲得もないしなんだかこのまま開幕を迎えるのかと。
いまだ後援会・サポカン更新する気にならないです。
B旗ヲ
2011/12/23 21:14
>KOBOさん
 ミッドフィルダーばかり増えていてどういう方向に行くのか朧げながら見えて来たよう感じがします。

>並河悠斗さん
 2010年から育成路線に切り替えた事もありますので、いかに使うかは大事ですし、彼らのミスは割り切らないといけないかも。
 ただ育てた選手を移籍金ゼロで手放す事だけは辞めて欲しいですね。

>元川崎市民さん
 ちゃんと読んでますか?

>KKさん
 ジェシに期待しましょう。

>B旗ヲさん
 杉浦が戻ってきたので、それで勘弁して下さい。
TAK
2011/12/28 00:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
Jam the football「2011年川崎フロンターレ総括」【J特】 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる