蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 数字で見る2011年のJリーグ「勝負根性率」【J特】

<<   作成日時 : 2012/01/08 00:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

 年末に出来なかった2011年を数字で振り返るシリーズです。昨年はJ2もやったんですが今年は体が悲鳴を上げたためJ2をそんなに見られていない事から今年は基本的にJ1のみに絞ります。
 
 J2に関しては「やれ」と言う声があれば、また別にやるかもしれません。

 さて最初は「勝負根性率」です。そろそろ「指数」に変えようかと思いましたがそのまま行きますが、ここでは各クラブの勝ち切る力、もっと言うと負けない力を数字化したものを取り上げます。

 これは上位チームほど得失点差の数字が大きい事から「得失点差の数字が勝ち点獲得に、どれだけ影響しているかを示す数字」と思って下さい。

 計算式は「得失点差/(勝利数+引き分け数)」で表し、当然、下位チームはマイナスをつけて計算しますし、場合によっては1を越える事もあります。

画像


 昇格チーム以外は去年と比較しやすいように2010年のデータもつけました。

 パッと見て目立つのが20勝以上のチームが増えたのと、勝負根性率がマイナスになったチームが増えた事ですね。

 前者から行くと2010年は優勝した名古屋だけ。その前の年もやはり優勝した鹿島だけでしたが、今年は上位3チームが20勝オーバー。シーズンによっては名古屋やガンバにも十分に戴冠の可能性はあったと言えます。

 しかも名古屋もガンバもACLがあっての成績なので讃えられて良いかと思いますが、この3チームの共通点はスタイルが確立されていて安定したパフォーマンスが出せるチームだと考えています。

 このようなシーズンは2006年以来です。その時の面子は浦和・川崎・ガンバで、この年のデータを見ると攻撃力重視で得点数も失点数も多めでした。

 翌年から守備のバランスを取るような流れになった事を考えると、今年もターニングポイントとなって来年以降は流れが変わるかもしれないと考えます。

 ただ言えるのは来年も上を狙うならポゼッションとカウンターの使い分けが必須なのと、守備から入ってリズムを作ったら前へ上がって行くような戦い方が出来ないとダメでしょうね。
 
 言ってみれば「手堅い戦い方」になるのですが、そこで違いを出すには戦い方に沿った選手層の厚みや、局面を打開できる個の力の上乗せが必要となるでしょう。

 さて、これらのチームに対して対抗馬となるべきチームがパッとしなかったのも2011年の特徴です。清水と川崎はチームのやり方を変えて過渡期を迎え、鹿島は若手の底上げがあったものの優勝争いに絡めないと言う「らしくない」ままシーズンを終えました。

 セレッソは攻撃陣は健在なれど、昨年の躍進を支えた堅守が崩壊。広島は良いサッカーするけど、そこからのひと押しが足りず、浦和は迷走。

 仙台やマリノス、神戸、磐田の健闘は目立ちましたがスタイルが変わった、あるいは変えざるを得なかったチームが増えてシーズンを通じて安定感を欠いたので勝ち切れないと言うチームが増えたため勝負根性率が低くなったチームが増えたのかもしれません。

 その安定感を欠くと言うのは「手堅い戦い方」が出来なかったチームと言えますが、その中で監督が変わらない川崎・清水の復調の有無が来季のリーグ戦のポイントの1つかと思います。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今期もパスサッカーをやるのか。補強が小松であったりブラジル人のレナトであったり何か違うような気がする。天皇杯の決勝まで行った京都も監督の大木がやはりパスサッカーをやるがシーズン後半になってから浸透し始めて時間がかかったが相馬は一年を通して浸透出来なかった。プロは結果を出さないといけないのでは。今期どうなるかわからないがパスサッカーが浸透すれば点が取れるかもしれないが浸透せずに 点も取れず守備も崩壊となれば残留争いだ。今期は言い訳出来ないからね。失敗したら辞めてもらう以外に責任を取る方法はない。
元川崎市民
2012/01/09 06:56
>元川崎市民さん
 ダメならやめてもらうしかないのは同意ですね。
TAK
2012/01/09 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
数字で見る2011年のJリーグ「勝負根性率」【J特】 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる