蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 数字で見る2011年のJリーグ「守備力編」【J特】

<<   作成日時 : 2012/01/12 02:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

 オフシーズン恒例の数字で見るシリーズですが最終回は守備力編です。

画像


 J平均で言いますと昨年よりも失点数が増えてます。換言するとゴールシーンが増えていると言えますがチームとして成熟しているチームとそうでないチームの差が大きかっただけではないかと言う気がします。

 目についたデータを拾っていくと川崎の被シュート本数ですね。

 昨年が175本だったのが137本まで減っているのですが失点が増えています。被シュート本数に関して言うと上から数えた方が早いですけれど、セーブ率は下からの方が早いと言うアンバランス。3本撃たれたら、1本は決まるって感じですもんね。

 クリア、プロック、インターセプトの数値は大して変わっていないし、ファウルの減少がすなわち球際の激しさの減少と思いたくないので、やり方を変えた事の影響と言う事になるのでしょうか。

 確かに積極的にプレスへ行くようになりましたが、その分だけかわされた時のリスクも大きかったと思いますので。

 また予想を裏切る形だったのが神戸の守備効率です。この数値は端的に言うと受けに回った時の強さですが吉田とポポに前線が固定されてから、特に守備の連動が良かったのですが1位だとは思いませんでしたね。

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
去年見た光景はパスミスからカウンターを食らい相手にいとも簡単にゴール前まで行かれてシュートを打たれるというこんなのを何度見たか。今期もパスサッカーをやるならパスミスやボールを取られたらすぐに人数かけてボールを奪いに行かないといけない。 プレッシャーはかけてるし人数かけてボールを奪いに行ってると言うが実際はボールを奪えないし簡単に抜かれるしこれじゃ全く意味がない。毎年言われることだし今更とも思うが守備の立て直しをしないことにはいくら点を取っても勝てない。このチームは攻撃を売りにして守備を蔑ろにしてるこれでは毎年言ってるタイトルなど到底無理。攻撃力が落ちたら去年のように残留争いだね。
元川崎市民
2012/01/12 16:17
どもです、まさかでした…秋田が来ればいいのでは、と思われたヘッドコーチに望月さん、GKコーチに菊池新吉との発表がありました。ヘッドコーチにまさかのベガルタでの監督経験者ですから、相馬さんのいい参謀役であり、いい教材であってもらいたいものです。ただそうなると、オニさんはどの位置に入るんでしょうかねぇ。

実際、その時の仙台は昇格こそなりませんでしたが、ロペスやヨンギを中心とした面白い攻撃サッカーをやっていた記憶があります。その要素をフロンターレにもたらしてくれるという期待をしています。新吉さんは以前フロンターレにいたのは覚えてますが、何分プレーの記憶がありません(汗)。ただヴェルディや栃木SCでの経験と手腕を存分に振るって欲しいものですね。

懸念していたコーチ陣はこれでどうにかなるでしょうから、あとは選手の方の補強が待たれるところですね。何はともあれ、ようやく面白くなりやがりましたな。
並河悠斗
2012/01/12 20:38
対人プレーの強さが(前評判通りだと)ワールドクラスのジェシと、スピード対応に優れた森下が上手く噛み合えば、井川と菊池のコンビよりも遥かに堅固なCBコンビが形成されるはずです。
しかし、CBの凡ミスが悪目立ちしてましたが、失点の主な原因がチーム全体での守備の共通理解を最後まで確立できなかったことにあるのは明白です。
また、個人レベルのミスで言えば、稲本が離脱してからのボランチのバイタルをケアする意識の低さのほうがCB個人のミスよりも遥かに酷かったです。
ジェシのような本物が加わって周囲がインスパイアされて、生まれ変わったように堅固な守備組織が形成されるのでは?という淡い期待をわたしは持ってるのですが、サッカーはトータルで見ると結局は論理的な結論に帰結するものです。
なので、やはり、来季のチームの方向性と実際の戦術の浸透度が全てなのだろうなと思います。
そういった意味では、ジェシや森下以上に望月コーチの手腕に期待してます。
あと、守備的ボランチの補強があれば。。。
KK
2012/01/12 22:25
>元川崎市民さん
 別に蔑ろにしてる訳ではないと思いますよ。ただ無理して通そうとしてひっかかっるケースはあるので、パスを繋ぐにしても常にバックパスが出来るラインは必要だと思います。

>並河悠斗さん
 GKコーチはガミさんとばかり思ってましたので、ビックリです。望月さんが相馬さんをフォローして、どう変わるかが楽しみですね。

>KKさん
 守備的MFを福森で賄うのではないかと笑えない話を考えていますが、どう補強しても、その後のチーム作りで失敗すれば意味が無いのでキャンプでの作り込みが大事ですね。
TAK
2012/01/13 00:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
数字で見る2011年のJリーグ「守備力編」【J特】 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる