蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS スポンジ@等々力陸上競技場「VS ジュビロ磐田戦」【J特】

<<   作成日時 : 2012/05/03 21:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

 失点が減る事は期待薄だけど、できるだけ取られるのは嫌だなと思っていたら3失点。でもまさか4点獲って勝つとは思わなかったですよ。

 バカスカと点の入るおバカな試合を勝つと言う、しかも勝って見たら1点差と言う心臓に悪いけれど、何か懐かしい感じがする、そんな試合でした。

 点数だけ見ると大味な試合の印象を受けますが、川崎の攻撃面の進歩と、型に嵌めた時のジュビロのサイド攻撃の良さが見られた試合だったとまとめたいですね。

・観戦のポイント

 広島戦からどんな風にフロンターレは変わったのか。

画像


 少なくとも布陣は4-2-3-1から4-3-3に風に変わりました。稲本と裕介がオリジナルポジションに戻り、センターバックには井川が入りました。

 そして左サイドはノボリ。小宮山がいない間に雄大とポジションを争うのでしょうね。

・試合解説

 立ち上がりから磐田の守備に阻まれて、良い位置でボールが受けられずラインを下げて攻撃を受けて立つ形になってしまったかなと見てました。

 ボールを繋いで主導権を握ると言うよりは、カウンター狙いのようにも感じられますが、それをするにしては守備面が不安だらけです。特に左サイドは予想通り結構、押されました。

 ただ中でしっかり跳ね返す事が出来た事、二次攻撃でシュートを撃たれた時もコースが限定され西部の正面で止められた事は大きかったかなと思います。

 先制点はサイドを巡る攻防からで、駒野へのパスをカットしたノボリからケンゴが繋いで大島がパス、矢島が駒野の裏をドリブルで突破してクロスを上げて、走り込んだ大島が流し込みと来る訳です。



 ケンゴが前回の広島戦だと位置取りが低すぎたのですが、今回は大島が入ってケンゴと縦の関係になる事でボールが回しやすくなりましたね。相馬・望月体制の時もケンゴと晃誠が縦になっているシーンもあるので、そこは上手く今までやってきた事を活かしたと言えるかも。

 このシーンだけだと前の体制と変わらないんですよね。

 本当に面白いのは後半から。

 前半は前線に張っていた矢島が中盤まで下がるケースが増えて中盤で数的有利を作ると共に、両翼の楠神と山瀬が中に切れ込んでくるシーンが増えました。

 そこからチャンスを作ると大島と楠神がボックス内でパス交換して相手を外したところで倒されてPK。



 これで突き放すと、相手のミスを突いて裕介が3点目。



 これで3-0。普通はここで心が折れるもんですが、どうしてここから点をやるのかねウチは。

 多くが懸案の左サイドから崩れた形ですが最初の失点はしっかりクリアしろって話ですし、あとの2点はクロス対応に問題があります。阿部のゴールなんてサイドバックが絞ってもいないんですもの、そりゃ取られますよね。

 西部のPKストップが無ければ、良くてドローって言う試合でした。ボールの失い方、攻撃の終わり方が良くなくてピンチから失点と言うシーンがサッカーには良くある訳ですが、風間さんの目指す所は守備の作り方よりも良い攻撃をする事で悪い形で攻められるリスクを抑える考えなんでしょう。

 ただ、それでもサッカーである限りは悪い形でボールを失うケースがある訳で、そこをどうして行くのかなって言うのがねどうしても気になりますね。

 それにしても攻撃は良くなりましたよね。4点目なんて久々に良い攻撃を見たと思いましたもの。



 我那覇・ジュニーニョ・マルクスのミラクル3で崩した時とかを思いだしますね。

 風間さんが就任して日が浅いのに、ここまで形になるなんてすごい吸収力ですよ。あのチームがこれだけ変わるとは思いませんでした。

 乾ききったスポンジに水が染み込むように風間理論を吸収して、それがしっかり結果に繋がっている。良いサイクルに入って来たのかなと考えます。

 1ヵ月前は一体感より倦怠感の多かったのに変われば変わるもんですね。

画像


 それにしてもシュート9本ですか。昔は倍以上、撃っても1点しか入らなかったり、スコアレスだったりしたのに崩すって大切ですね、ホント。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
もともとフロンターレのスタイルであったのを、相馬が悪くしていただけ。 風間評論家がよくしたわけではなく、相馬がいなくなったのが功を奏しただけ。
yahiro
2012/05/03 22:30
矢島と楠神見てたら、監督代わるだけでここまで変わるのか!?って感じです。
逆に全く変わらないのが最終ライン(苦笑)
まあ、裕介の絞りの甘さもCBのクロス対応もSBの一対一対応も個人レベルの問題ですし、そこをチーム全体でカバーしようとすると今年の始めのようなサッカーになってしまうし。
風間さんは守備の練習はしないという話ですけど、元々SBをやってたこともあるので、きっとDFの一対一対応のアドバイスもしてくれると思ってます。
今はマイナス面の修正よりもプラス面を伸ばすことを優先している段階ですので、それで結果までついてきたのだからラッキーって感じですね。
でも、まだまだ道半ばも半ばなので、今後も我慢我慢。
KK
2012/05/04 00:24
正直、非常に疲れた試合でしたね。
西部の度重なるファインセーブがなければドローか負けの試合でした。 ここまで攻撃力が回復したのに左SBと4番のポジションはどうにかならないものかと。
全てノボリの所を起点とする失点ですし前回も雄大ですからコミの回復待ちしかないですな。
現有勢力で調子の良い選手を起用する方針ですがレナトがへそを曲げて帰国なんてならないのが心配です。 過去に2人いますからね。
B旗ヲ
2012/05/04 08:23
>yahiroさん
 だからと言って望月さんだったとして、ここまで出来たかどうかはわからないでしょう。

>KKさん
 矢島はユダ2号、じゃないやフェルナンド・トーレスにスタイルが似てると思ってたので、ああいう裏を狙わせるスタイルの方があってるんですよね。
 前監督もそう思ってたらしいですが、だったら何故、そうさせないの?と思ったものです。

>B旗ヲさん
 レナトは球離れの問題のような気がします。ただベンチに坐らせておくには、あのプレースキックはもったいないですよね。
 
TAK
2012/05/04 09:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
スポンジ@等々力陸上競技場「VS ジュビロ磐田戦」【J特】 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる