蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS ほこ×たてin神奈川 1st Round@等々力陸上競技場「VS 横浜Fマリノス戦」

<<   作成日時 : 2012/06/24 09:02   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

 今後しばらくは多摩川クラシコが似たスタイル同士の対戦になるのですが、マリノスとの神奈川ダービーはパスサッカー VS 堅守速攻と言う対戦になるようで町同士のブライトはもちろん、やってきたスタイルの意地をかけて戦う事になりますね。

 今まで神奈川ダービーにはイマイチ熱が足りないなと思う部分もあったのですが、これでまた少しは熱を帯びてくるのかもしれません。

・観戦のポイント

 ケンゴ潰しの策と、こちら側の対応策。

・試合解説

 久々のスコアレスドローでしたが見ごたえバッチリの面白いサッカーでした。ゴールこそ決まりませんでしたが、パス回しで圧倒してミスもあったけど皆で上手くカバーして守り切りましたよね。

 前半、中村俊輔が負傷退場してピッチ内で混乱が生じてる隙に先制点が欲しかったですけど、センターバックの部分でギャップが作れなかったです。それは

 サイド攻撃も少なかったし、バイタルエリアでボールが持てた時のスルーパスに対して出し手と受け手の考え方が合ってなかったなと。

 後半、サイド攻撃が出始めてようやくボックス内でフィニッシュまでいけるシーンが出ましたが懸命なブロックとこちらのフィニッシュワークの拙さもあって決定的な一発が出なかったですね。

 今回、サイド攻撃の白眉は憲剛のサイドチェンジをダイレクトで折り返した福森のプレーと、ゴールキックに左サイドから持ちこんでシュートした裕介の一発でしょうか。

 それにしてもあそこまでパスを回されたら究極的にはボックス内に籠るしかないでしょう。次はそこをどう崩すか。イブラヒモビッチ、ドログバクラスでないとあの状況をどうにか出来る人も中々いないのでもう少し高い位置でブロックを壊す必要がありすね。

 ただそこまで行くのにはまだまだ道のり遠しと言うところかなと。

 もう少しプレー面を掘り下げるとレナトと田坂が中に絞りボランチとセンターバックとサイドバックの間にポジションを取る事で矢島・楠神の4人を向こうの6人が見る形になってはいました。

 そこでの問題はウチで一番、潰すべきケンゴへのプレッシャーが甘かったと言う事ですね。鹿島の時みたいにマルキーニョスが追いかけてくるのかと思ったんですが、そうでもなく小野も森谷もカモメッシ(斉藤学)もさほど追いかけるでも無い。

 稲本と2人して結構フリーだったのでパスが良く回る下地はありました。これに楠神が下がって来てケンゴとポジションチェンジをしたり、球出し、ドリブル突破が入って攻撃の形を作り出していたと言えます。

 これに加えてルーズボールを猛烈に追いかけてマイボールにしたり、ボールホルダーへ素早く寄せて球を奪う事でポゼッションの時間を長くする事が出来ました。
 
 今まで中々、出来なかった事が出来て来ているように感じます。ただまだまだ交代で入った選手とかがパス回しのリズムを崩してしまうなど各人のレベルに差があり過ぎてしまう感じがあるので、まだまだ高める所はあるよねと言う感じです。

 守備も後半20分過ぎから相手のFWがサイドに開いてサイドチェンジでボールを受け始めて引っ張り回され始めた事と、高い位置でプレッシャーに行きたいのに全体で間延びしてパスコースが切る事が徹底できなくなって相手ペースになってしまったと思います。

 それでも一時は一体感どころか閉塞感が漂ってた等々力でこんなに早く面白いのが見られるとは思わなかったので私は嬉しいですね。

 
 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。
久しぶりに「おもしろかった」と言えました。
鳥栖戦とは対照的に風間サッカーができたのではと思います。 またみんなアグレッシブな動きで素晴らしかったです。
あとはこの様な試合でも勝ちきる事ですな。
FWの決定力があれば天辺が見えてきます。
comeback テセ!
B旗ヲ
2012/06/24 13:03
これまでは中盤やDFのクソミスに気を揉んでいたのですが、昨日に関してはアタッキングサードに入ってからのミス以外はほとんど気にならなかったです。
アタッキングサードでミスが出るのは当然と言ったら当然で、相手もそこは絶対やらせないぞ!という気持ちで来るわけですしね。
クソミスからアタッキングサードでの技術的・判断的ミスについて語れるようになってくれば、それは風間サッカーが浸透してきた証と言えると思います。
福森や大島といった高卒2年目の選手たちが戦力になっているということも、今までのフロンターレでは考えられなかったこと。
徐々にではありますが確実に成長しているのが目に見えて分かるというのは、本当に面白いですよね。
KK
2012/06/24 15:25
>B旗ヲさん
 テセが戻ってきたら得点王間違いないでしょうね。戻ってくるかな、ケルンにいるくらいなら戻ってこいよと言いたいですけどね。

>KKさん
 アタッキングサードはミスがあってと言うかリスクを冒してナンボと言う所ですよね。そこだけの問題になれば十分チームに理論が浸透した証だと私も思います。
 若手の突き上げがある中で怪我人が戻って来て、どういうチームになるのか、次の楽しみはそこですね。
TAK
2012/06/24 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
ほこ×たてin神奈川 1st Round@等々力陸上競技場「VS 横浜Fマリノス戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる