蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 奇跡とは呼ばない。@ハンブデンパーク 日本VSスペイン「ロンドンオリンピック」

<<   作成日時 : 2012/07/27 01:12   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

試合終了の笛がなり、テレビを消して布団に寝転がりながら朝のスポーツ番組は大騒ぎなんだろうなと思いました。

 確か スペインとはトルシエの時にA代表もユースも戦っていましたが勝ってなかったですね。

歴史的な勝利なのは間違いないですが、奇跡かと言われるとそうではないと思います。

 このスペイン代表は先のユーロやW杯を制したメンバーではないのでボールポゼッションするのは同じでも、わかっていても止められない訳じゃないのです。

 もっと言うとA代表のサッカーはバルサを移植してますが、オリンピック代表はそうではないのです。

 だからこそ後ろのスペースを消してカウンターがハマったのでしょう。今回、日本が使ったのはそういう弱者が戦う時のやり方ですが相手がスペインですからありでしょう。

 残りの決定機のどれかを決めて入れば、もっと楽に勝てたんですけど、そんな事を欧州勢相手に勝った後に思えるなんてアテネや北京では無かったから新鮮ですらありますけどね。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり関さんだな〜という感じでしたね。
関さん=カウンター。
格下ばかりのアジア予選だと、岡ちゃんもだったけどどうしても指導者としての”欲”が出ちゃうのか、本来の自分のスタイルを見失う傾向がありますよね、日本の監督って。
で、本番になって間違いに気付くという(苦笑)
それでキッチリ修正できるところが、これまで失敗した監督(Y氏やS氏)とは違う。
まあこれで関さんの株が下落する、なんて心配は無さそうで安心しましたよ。
KK
2012/07/27 01:22
スペインオリンピック代表にはセスクシャビイニエスタシルバはいないからね。 アルバマタが凄いくらいで騒ぐ程のものか。スペイン代表は引いた相手には強いが前からプレスかける相手には弱いわけで関塚が弱点をついて勝っただけ。それにしても永井のスピード運動量プレスは凄い。永井も来年はブンデスに移籍かな。オリンピック代表の試合を見るとたった数年前のワクワクしたフロンターレを思い出す。永井がジュニに見えた。
元川崎市民
2012/07/27 22:26
>KKさん
 そりゃあの人はリアリストの顔もありますからね。しっかりカタに嵌めたなと思いました。これで国内で叩く奴、少しはいなくなるでしょうね。

>元川崎市民さん
 ジュニならもう少し決めてますけどね。予想通りの戦い方でしたのでワクワクはしなかったです。ただ選手たちが良く走ってくれたのには頭が下がる思いです。
TAK
2012/07/28 00:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
奇跡とは呼ばない。@ハンブデンパーク 日本VSスペイン「ロンドンオリンピック」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる