蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 逢魔が刻@等々力陸上競技場「VS サガン鳥栖戦」

<<   作成日時 : 2012/08/12 10:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 8

 昨日は大学の同期会でした。先制して行けるんじゃないかなと思ったら2分間で逆転されて負け。

 悠サマのPK失敗もありましたが、磐田戦と同じような流れに見えて、そこで引き分けと負けが来たので「何かを変える」必要がある時期なのではと思います。

 監督は「大胆に攻める、忠実に守る」と言う事を徹底させたいと言うような事を言ってましたがそれにつきるのかなと。

 そういう意味ではボランチが大島と宏希で受けに回って良いのかとか、引かされて押し上げる時にセンターフォワードは機能してるのかとか、サイドアタックと中央からの崩しとバランスは?色々と見直す必要があると思います。

 この試合のスタメンは全体的に若い、経験の少ない選手で構成されたイレブンであり、まだまだ覚えて行かねば行けない事があります。

 ケンゴ・祐介・井川・西部くらいですよね経験があると言って良いのは。

 それ以外の選手が2分間で逆転されて逃げ切られたと言う事から、監督の言う「大胆に攻める、忠実に守る」とは何かを考えてもらえたらいいんじゃないですか。

 それが出来るなら、この「逢魔が刻」の逆転劇も授業料と言えるでしょう。まあとても高いですけど。

 幸いにも、その若さがあるからこそ見守ろうかと言う気も起きて来ます。これがベテランばかりでこの体たらくだと、ヤバいかなと思ってしまうんですよね。

p.s

 関塚政権1年目もこんな試合がありましてね。仙台で佐藤寿人にロスタイムに2点決められて引き分けに持ち込まれたと言う試合が。神宮花火大会の帰りにガックリ来た憶えがあります。

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
若手ばかりだが経験や技術不足で片付けられて負け試合ばかり見せられても困る。その若手が経験や技術を補うくらいの運動量があったか? 一番走って動いてたのてケンゴ小林田中 楠神じゃないの。山越大島風間兄弟はもっとがむしゃらに守備に攻撃に走って動かないといけない。山越は左SBなのに相手の右サイド選手にやりたい放題だし大島は守備しないしMF31の風間ももっとガツガツ守備をやらないとFW34の風間は運動量がないポストプレーは出来ないスピードはない前線からプレッシャーをかけないポジショニングは悪い話しにならない。若手だからと言って甘やかしたらいけない。八宏監督は自分の戦術に合わない選手を追い出して結果出さないで辞めたらフロンターレは無茶苦茶だ。ケンゴがいなくなったらどうすんだろうね。
元川崎市民
2012/08/12 11:23
大胆さに欠ける部分で思い当たるのは、誰も裏を狙うような動きをしていないってことですね。
宏矢は受ける・はたくという一連のプレーは上手いんだけど、とにかく裏を狙う意識が全く感じられないし、小林はPK失敗前から攻守にお荷物状態でした。
やはり矢島が離脱したのが痛い。。。
「何かを変える」ということで言えば、FWの補強を真剣に検討すべきではないかと思いましたね。
森本がJ復帰か?と言われてるけど、ああいったタイプが一番必要だと思います。
もしくは、来季内定している安くんを強化指定で呼ぶとかね。
安くんが入ると選択肢にサイドからのハイクロスが加わりますし、弾丸系の凄まじいFKも合わせて加わります。
安くんの強化指定、良いと思うんだけどな〜。
KK
2012/08/12 12:52
諸藩の事情によりTV観戦でした。
しかも前半はモバフロ情報では1点先制と言う事で帰宅後ウキウキでスカパーつけたら後半2-1でして・・・orz
ひっくり返されたらもうアウトなんですね。
強かに5バックで守備する相手にはなんの手だてがないと言う情けない試合でした。
試合終了後、我が息子の鳥栖選手が倒れこむ姿に対して川崎選手のまだ余力ある態度に「出し切ってないじゃん」は座布団2枚でした。
ホームでこんなに負けるのはいけませんな。
お盆前の試合に集客12000人が物語る様に徐々に客足が遠のいています。なんとかせにゃあかん。
B旗ヲ
2012/08/12 21:29
>元川崎市民さん
 若手だからと甘やかしていいと誰が言いました?風間さんが辞める事を今、考えてどうするんですか?ケンゴがいなくなったらいるメンバーでやるしかないでしょう。それを今、考えてビビるなら特定のチームのファンなんか止めた方がいですよ。

>KKさん
 裏を狙われないならDFは楽ですよね。もう少し頭を使いなさいよと思うのですがねぇ。
 森本は平中出身ですから、ちょうど良いですよね。

>B旗ヲさん
 ついでに言うとこんな負け方もですね。勝ち続ける事が一番ですが、興業である以上はどう勝つかも重要ですよね。
TAK
2012/08/12 23:02
記事を読ませていただきました。 仰る通り若さが出た試合かなと思います。
先制後、更にギアを上げて後の事は考えずに激しく行って2点3点を取りに行くべきでしたが、その流れが判っていたのは前線ではケンゴだけと思います。
鳥栖に先制されて更に殴り掛かってくる相手に対するBプランを持っていたとは思えず、ひたすら最少失点で前半終わらせればOKと思っていた様に思えますから、ここで畳みかけて前半で試合を終わらせるべきでした。
後半逆転されてから、鳥栖の守備を崩せませんでしたが、試合終了後に向こうがばたばたと倒れたのを見て、もっと激しく攻めたてれば向こうの守備は崩壊してた筈です。
川崎側が誰も倒れなかったのを責める記事を良くみますが、ある意味当たり前の話しで、こちらのペースで動くのとそれに合わせて動かされるのでは消耗度が違います。
小松が2列目に入ったのも、左サイドで高さで競れば左右に振られた上に高さで競らされれば左サイドの守備は崩壊してたと思いますが、高いボールを小松に出すシーンが余り見られなかったのは残念です。
次はまた修正してくれると思いますが。
hrun
2012/08/14 00:38
ぶっ倒れるまでやれとは言いませんが、勝とうと思えば、点を取った後も引き続きたたみかけるのは当たり前で、風間監督やケンゴが言うまでもない話です。現に鳥栖はそうやって逆転しました。
ロスタイムでも井川が自陣でボールを持ってもたもたしていました。もう決して若くはない立場のこの男が「出し切ってない」プレーをしている事に現状が端的に表れている様な気がします。
若さだとか、戦術だとか、理想以前の問題で、勝利への執着心が希薄な感じで、そこに向かって一丸となっている様に見えないんです。
構築途上のチームに決して目先の結果を要求しようとは思いませんが、気持ちの見えないプレーはやっぱり戴けません。そういう所への不満が観客減にもつながっている様な気がします。
最悪負けてもいいから熱いものは見せて欲しいです。そういうドラマをたくさん見せてくれていたのがフロンターレだと思います。
シンスケ
2012/08/14 07:48
どもです、私もシンスケさんと同じ意見ですね。昨日の試合は、とにかく勝ちたいんや…という面で鳥栖が上回ったような印象でした。内容を見ても、まあ負けるときはこんなもんですよね(汗)。

後で映像を確認しましたが、どの選手も事実として裏を狙うわけでなければ、とにかく最少失点で逃げ切って勝とうって魂胆だからやられたんですよ(怒)。そういう点では、無難なプレーだけを選んでいた所に「経験のない」意味での若さが出てしまったな…という感じですよね。しかしながら、逆転されてもしつこく食い下がるのがフロンターレ、若手には経験の無さをカバーするぐらいもっと大胆に…逆転されるなんて考えを持たないで果敢に、後先考えずにプレーしてもよかったんじゃないでしょうか。そのうえで負けてしまった、やられたというなら我々も諦めがつくんですがねぇ。

いずれにせよ…次回のマリノス戦であんな無様な戦いは許せませんから、どうで死ぬなら前のめりで玉砕してもらいたいものです。そういった面では若手にはこれを肥やしにして、成長してもらいたいですね。もちろん勝てば嬉しいに越したことは無いですが、勝敗を超えたものが見たいと思う…今日この頃です(苦笑)。
並河悠斗
2012/08/14 20:51
>hurnさん
 スペインみたいにパスを繋いで逃げ切ると言う事が出来るレベルにはありませんから、むしろもっと攻め立てていればと思いました。
 甘い気持ちが抜けてくれれば良いですよね。

>シンスケさん、並河悠斗さん
 エレガントにプレーしようとすると危険な訳ですよね。何にせよマリノス戦でそれが出ない事を祈ります。
TAK
2012/08/15 19:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
逢魔が刻@等々力陸上競技場「VS サガン鳥栖戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる