蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS フロぶ2012「ホーム 徳山大学戦@天皇杯」

<<   作成日時 : 2012/09/06 00:05   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

 リーグ戦は一旦、中断し天皇杯です。唯一、獲得のチャンスが残されたタイトルですが前途は多難ですね。

 相手が大学生と言う事で世間的には負けどころか苦戦も許されないのでしょうが昨今の大学生の方がプロのサブメンバーより強いケースがありますからね。

 ここまで調子が良くはありませんけれど、調整のつもりだとやられるかもしれません。

 負けて良いとは言いませんが苦戦の可能性は頭に入れておいた方が良いでしょう。私としてはそこから「相手を外して、ボールを受けて蹴る」と言う風間サッカーの原点を考えて見たら良いんじゃないのかなと思います。

 私が風間サッカーを支持するのはポゼッションサッカーが好きだからではなく、

 「狭いスペースしかない所で相手をどう崩すか」と言う懸案事項に対して答えを持っていると考えているからです。

 その答えが前述の「相手を外して、ボールを受けて蹴る」ですね。

 川崎と言えばカウンターでしたが、関塚体制の最後の方はカウンターを警戒されていたので、それなりに球を繋いでいたんですよ。

 その頃から引かれた相手をいかに崩すかと言う問題はありましたが、ツトさん・相馬さんの頃になって大きな問題になったかなと思ってます。

 リードされてベタ引きされてクロスを入れては跳ね返されるってシーンを風間さん就任前に何度、見た事か。

 確かに今でもそういうシーンはありますけれど、自分達のサッカーが出来ている時間帯って言うのが試合の中で全部ではないけれどあって、そこでは崩せているのですよ。崩しの質を考えると凄く良くなってます。

 相馬さんが失敗した大きな原因の1つはハイライン・ハイプレスでしたが引きこもった相手を崩して押し込み切れなかった事だと思ってます。

 それに懲りて今シーズン当初は守備に軸足を置き、小松にロングボールを当てる戦い方でしたが、何と言うかあのままでは攻撃のタレントを活かし切るような戦い方にはならんかったろうなと今では思ってます。

 一体感どころか閉塞感の方が濃く漂ってましたしね。

 ツトさんの時(2010年)もハイライン・ハイプレスを指向していた時期がありましたが、不安定ながらもデメリットが目立たなかったのはテセ・ヘナ・勇介と言った違いを作り出せる強烈な個が輝いていたからとケンゴ・ジュニと言う攻撃の軸が揃って欠場していた事もあったと考えています。

 現状も諸手を上げて賛成とは行きません。もっと改善して欲しい所はありますけど、概ねこの方向でいいんじゃないかと思ってます。

 別にカウンターと言うかダイレクトプレイ禁止な訳でも無いですしね。現場判断で上手くやれっていうだけですし、神奈川ダービーの後半なんて、速攻で崩してましたよね。

 どこをどうしたら良いんじゃないかと言える分だけ前よりかはマシです。それは別の機会にしますが、ただブロックを作ってカウンターを狙う戦い方にするなら風間さんじゃなくて、柳下さんにすれば良かったんですよね。あの人なら、また別の意味で強い組織を作ってくれたと思いますよ。

・日時

 2012年9月8日(土) 13時キックオフ。開門は11時。

・場所

 等々力陸上競技場

・メディア

 テレビ:放送無し
 
・その他

 通常のリーグ戦とは運営が異なりますのでご注意ください。

 しかし、何でカップ戦だとこんなに人が入らんのでしょうね。世間から言わせるとサッカー見に九州まで行くお前は変態だくらい言われるので、そこらへんの意識の乖離があるのかも。

 ちなみに今回、私は仕事のため欠席です。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
風間体制と関塚体制を比べる声はわたしの周りでも非常に多いのですけど、そもそも、当時と今とでは戦力が全然違うということを考慮してないものばかりなんですよね。。。
当時は個人の力で強引に数的優位な状況を作り出して、そこに2〜3人が関与するだけで点が取れていた。
今はそんな強力な個人がいなくなってしまったかわりに、全員が連動した崩しが(まだ時々ですが)できるようになってきた。
成功しているか否かは別として、攻撃の質は如実に変化している。
まず、そこは冷静に見ないとと思うんですよね。
で、今直面しているのは、崩し切ったけど誰が点取るの?ってことでしょ?
名古屋戦のように、もうそれ以上崩しようがないじゃんというところまで崩しているのにフィニッシュで・・・となると、そこに監督の采配とかが介入する余地がどれくらいあるのか?と。
あまり奨励はしないけど、誰かを槍玉にあげなきゃ気が済まないと言うのなら、補強とスタッフ人事を失敗した庄子さんにでもしときなよって思うんですよね。
監督や選手に当たったって、基本良いこと無いから。
まあ、あんまり推奨はできない行為だけど(苦笑)
とりあえず、わたしは監督の采配云々という人間には、その前にGMの責任云々って言ってお茶を濁してます。
KK
2012/09/07 00:24
>KKさん
 同感ですね。あえてこの責任を問うならGMでしょうけど、本来なら誰かを槍玉にあげても解決しない問題と思うのに、残念な考え方をされてる方もいらっしゃるようです。
TAK
2012/09/07 01:19
フロントは福家がいなくなってからおかしくなった。フィジコトレーナーは里内がいなくなって余計に怪我人が増えた。 ブラジル人補強もテオルートがなくなってブラジル人選手のレベルが下がった。全てが前よりおかしくなってる。これは何なのか。フロント強化部が前は良かったと言われても仕方ないし今はダメだと言われても仕方ない。天皇杯の徳山大学戦だがてっきりレノファが来るかと思ってたから意外だったが今の大学サッカーはレベルが高い。殆どの選手がJクラブユース出身だからね。 ユースからプロに行って試合に出れなくてクビになるより大学に行って本業の勉学は勿論だが試合に出て技術を磨いたり社会勉強をするなりした方がサッカーがダメだった時によっぽど役立つ。 下手な地域リーグやJFLのチームより強いチームもあるからね。現実にFC琉球が筑波に負けてるし。ぶっちゃけフロンターレは若手控えで試合をやってもらいたい。レギュラーはしっかり休んでもらってね。今一番の目標はJ1残留でしょ。天皇杯は捨ててJ1残留してもらいたいね。
元川崎市民
2012/09/07 08:03
僕はチーム創設時からフロンターレを観て来て愛着があるので、どんなサッカー・スタイルでれ、それをフロンターレが選ぶというのならそれを支持するというのが基本姿勢です。
ただ、それを選んだのならやりきって欲しいという事と、やはりJ1で戦い続けるためには勝ちにこだわりを見せて欲しいという気持ちがあります。石さん関さん以前の厳しい頃を見て来たので切実に思う所です。
そういう意味でいい方向に向かって欲しいからこそ、風間サッカーの良い点、悪い点という所を意見し合うのは大切かと思っていますが、その視座なしに昔と比較してうんぬんというのはどうなのかなとも思っています。
そこを踏まえてのTAKさんのご意見は貴重と思ってまして、いつも拝読しております。
前週は仙台の出来がかなり良かったので、構築途上の現時点では、概ね仕方がない敗戦かなと受け止めていますが、さすがにアマ相手にやりたい事をやれないというのはプロとして通用しない話ですので、今日はどのくらいの事を見せてくれるのか注目して観に行きたいと思います。
シンスケ
2012/09/08 11:15
う〜ん、ちょっとしんどかったのでパスしてしまいました。。。
無理すりゃ全然行けたけど、天皇杯だし相手大学生だしなと思ったら動けなかった(苦笑)
KK
2012/09/08 21:18
>元川崎市民さん
 読みにくい文章をありがとうございます。また自分の意見を書いて行くだけでコミュニケーションを取ろうって気が無いならなら自分でメディアを持って下さい。

>シンスケさん
 仰る通りです。私も勝ちにこだわって欲しいです。ただ本当に昔の事だけしか言わない人がいて辟易します。
 良い所より悪い所が出れば、よりいいかなと思ってますが前半は殊更、良くなかったようで。

>KKさん
 私も仕事でしたから(笑)。
TAK
2012/09/09 01:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
フロぶ2012「ホーム 徳山大学戦@天皇杯」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる