蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 七転び八起き@日立柏サッカー場「VS 柏レイソル戦」

<<   作成日時 : 2013/03/03 19:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 5

 寒かったですねぇ。あっ試合じゃくなくて気温がですけど、午前中は天気が良かったのに昼から曇りで帰ってくる時は一部で雨でしたもんね。

 試合は「自滅」です。何もできなかったと言うよりも敵に塩を送るなバカヤロウと言ったところ。

 スタイル上、リスクはあるし、サッカーと言うスポーツの特性上、ミスの完全撲滅は無いんでしょうがミスと上手く付き合えるのが良いチームです。

・観戦のポイント

 プレシーズンマッチからの成長・修正

・総括

 本格的な実戦の中において、チームとしてどうこうするよりも新戦力の個人戦術の部分を底上げする方が急務かなと感じました。

 確かにレナトの突破をさせないようにされていたし、真ん中での起点は前半は見当たらなかった。インサイドハーフがセンターフォワードをフォローすべきなのに、そういうシーンはあまり見られず、かと言ってサイドを抉る訳でも無い。ロングボールを蹴らない事を逆手にとるような固め方でしたけどね。

 ただボールを持って押し込む事は出来るようになってきたし、崩してフリーでシュートも撃てました。高い位置でボールを奪う事も出てきたし、ルーズボールの競り合いも出足が前より随分と早くなったし、前半に飛ばしたように見えた割には思ったよりも長く足が続いたと思います。

 インサイドハーフが何もしてないわけでは無くボランチを引き出して、両ウイングが中に絞る。サイドバックは高めの位置を取っておくことでかなり押し込めていたと思います。これでセンターフォワードが強力ならまたゲームが変わっていたでしょう。

 去年に比べれば出来た事が多いのに、負けたって事は理由がちゃんと存在する訳です。端的に言えば一番は考え方がズレるんで、ボールの置くところ・出すところも立っている位置もズレるんでしょう。

 1失点目なんてのは典型だと思うんです。

 ボールを要求して受けた森谷がこねくり回してるうちに茨田に獲られて、レアンドロ・ドミンゲスがフリーでドリブル。そこからクレオに繋がれてシュートコースを限定すれば西部が止めてくれるだろうはずなのに中澤がスライディングしてかわされてしまった訳です。
 
 2点目も中澤競り負けがそもそも問題、3点目は球出しのミスですが、その前のタイミングで山本のポジショニングが悪くて縦につけられなかったのが引き金だと思うんですよ。

 相手を外さないと、足元にパスをつける意味無いじゃないですか。
 
 これだけミスがあれば失点するのがJ1、これでも防げてしまう可能性が高く感じるのはJ2。それがプレシーズンマッチとの差でしょうね。

 インサイドのMFの質はケンゴが戻るだけで相当に変わるでしょうから良いとして次節はセンターバックが気になります。今回、サネが出てこないのは単に中澤の調子が良かっただけか、それとも課題を解決してないからと出られないのかどっちなんでしょう。
 
 どちらにしろ今シーズンも七転び八起きのようです。でも七転八倒は嫌だなぁ。

追伸

 今日のベストショット


 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
七つ続けて転んだら、さすがに起き上がれないかと…、と思えるくらい先が見えなくてがっくりの連続でした。
スタメンを見て、ケンゴが出ない事にまずがっくり。体調不良で欠場は一度目じゃないでしょう。主将として自己管理がお粗末過ぎます。
中澤のへたれなプレーを見て、またがっくり。何でサネがベンチなのかと。もっと言えば、ジェシはどうしちゃったのかと。
最後に真希を見て、何で森谷や宏希の方が先発なのかと、さらにがっくり。ご指摘のポジショニング・ミスはありましたが、前に向かう姿勢は強く感じられましたので。
そんな訳で、連携や個人戦術、ゲームの作り・運びも今イチだったんですが、それ以上にスタメンをベストな人選にできなかった時点ですでにダメだったんじゃないかなと…。
僕は風間監督について、選手個人を成長させる指導力は確かに素晴らしいと思っていますが、監督としての采配力には疑問を感じていて、そこが今年も相変わらずという印象を受けました。前半の出来が良かった分、後半マークの集中が容易に想像できる嘉人を中央に持って行って、さらなるノッキングを誘発した采配なんて、本当にがっくりしました。
選手個々が成長しているのは間違いないし、嘉人の様な素晴らしい選手も来てくれて、本来閉塞感が生まれる様な状況になっていてはいけないはずなので、風間監督にも自身の監督力の成長を切に求めたいです。
久々のコメントとしては申し訳ない文章ですが、やっぱり去年までよりは改善されているだろうという期待が大きかったので、ついつい暗くなってしまいました。何卒ご容赦下さい。
めげずに次節の改善・奮起を期待して応援します。
シンスケ
2013/03/03 21:39
風間さんは現時点でのコンディションを重視して先発を決めたのだと思うけど、それでも今日の中澤よりかは實藤のほうが圧倒的に優れてるだろうなぁ〜、なんて思いましたねぇ。
クレオの切り返しはシュートフェイントでもなんでもない、ただの切り返し。
あれに慌てて体投げ出しちゃう時点で、「あ、コイツはやべぇな…」って思っちゃいました。
2失点目も實藤なら競り合うまでもなくクレオを追い抜いてたでしょう。
やっぱりCBはジェシと實藤ですよ。
まあ、今日のスタメンがそのままチーム内の序列だとは到底思えないので、そこは今日サブに回った選手たちのコンディションアップに期待したいところですねぇ。
でも、ちょっと中澤は、、、無いなぁ…。
KK
2013/03/03 21:54
どもです、前回の投稿で「大久保、中澤が思いのほかフィットしている」と書きましたが…すみません、撤回させて下さい(泣)。あの体たらくじゃあ、自分の見立てが甘かったとしか言いようがないですなぁ…。

大久保は割に動けていたかなぁ、と思いましたが…中澤は明らかに戸惑っていたように見えました。皆さんの指摘通り、我を失ってのボーンヘッド同然だった1点目なんか「論ずるに値しない」ですよ。まあ、加入してきた選手でもすんなりフィット出来る選手、若干時間を要する選手の二者択一でしょうが、中澤はまさに後者でしたねぇ…。

まあ、慣れるのに時間がかかるのは仕方が無いのかも知れませんが、それならばCBはジェシとサネを基本線にして、中澤は慣れるまでしばらくは途中出場でいいのでは、と思いました。

ただパスを丁寧に繋ぐというチームとしての方向性が変わっていなかったので、そこだけは安心しました。まあ、たかだか34試合のうちの1敗目、次回の国立開幕戦で取り返しましょう!
並河悠斗
2013/03/03 22:58
どもです、追伸です。

ケンゴが体調不良で欠場ですが、まあシンスケさんも言ってましたがお粗末ですな。キャンプ中のインフルが尾を引いたのかもしれませんが…故障ならいざ知らず、ちとああいう形の欠場だけは勘弁して欲しいですね。

ただ、早かれ遅かれいつかは必ずケンゴがいなくなる日は来ます。昨日の一戦を見たら、ケンゴ頼みから脱し切れていないチーム状況をかなり危惧しています。

大久保がいるならそれなりのクオリティは保てますが、ケンゴ不在時でも得点を取ることに専念させたいなら、宏希・森谷・大島のクオリティアップは必須だよなぁ…と感じました。
並河悠斗
2013/03/04 18:29
>シンスケさん
 何か全部残念でしたよね。インサイドハーフの出来が左右するシステムでアレでしたから。中澤が出たのはコンディションの問題かなと思いますがいただけなかったですよね。

>KKさん
 実藤なら抜いていたと言うのは同意です。攻撃でも彼の方が貢献度は上でしょう。

>並河悠斗さん
 ケンゴの後継者は誰なんでしょうねぇ。西本さんの薫陶を受けた後、誰がどう伸びるかと言う所だと思います。
TAK
2013/03/04 23:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
七転び八起き@日立柏サッカー場「VS 柏レイソル戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる