蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 超えるべきは自分@等々力陸上競技場「VS セレッソ大阪戦」

<<   作成日時 : 2013/05/11 21:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

 61分にレナトが入るまでは眠たい試合。真打登場後は劇場の幕が上がる。いいのかそれで。

 それが試合後の感想。

 アディショナルタイムにジンヒョンが倒れ込んだ時に時間を止めてないように見える審判や、目の前であからさまにファウルがあるのに取らない副審もどうかしてると思うけれども、それ以前にこちらがヒドすぎる。

 3日の名古屋戦や、6日の清水戦は何なのかなと言う試合運び。

 縦への推進力が低いですね。ドリブルもレナトが出てくるまでは殆ど仕掛けていない。パスだけだから低い位置でサイドバックに入れたり、最終ラインで回してプレスで狙われるんですよ。

 加えてサイドでは高い位置にいるのに勝負をしかける事が少ないし、FWが相手のセンターバックと勝負するシーンが少ない。前半、チャンスもあったけどシュートそのものは難しいものが多くて、再現性の低い攻撃だろうぁと思いました。

 こと悠サマは顔がぬれると力が出ないのかと言うくらい消えていて、彼が消えてると言うのが上手く行ってない証左。

 0-2でこのまま為すすべなく終わるんかな、寒い思いだけして帰るのは嫌だなと思ってました。

 何故でしょうね。

 たまたま2試合、良い結果が出ましたがそれだけなんですよね。何も勝ち取っていない。もっとしっかりサッカーしなさいって、それはセルジオ越後か。

 後半の押せ押せの中、最初からしっかり戦っていれば圧倒できたんではないかと思います。試合が終わった時は負け試合だけど勝ち点1を拾ったと思いましたが、勝てた試合なのに勝ち点3を失いかけて1だったと言う風に見ています。

 勝ち点もったいないお化けにやられて、降格するのは勘弁してくださいな。
 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
どもです、実際にそこまで映像を見たわけじゃないので、スコアだけなら「よくぞ追いついてくれた!」と言う感想でしたが…どうやらそういうわけじゃ無かったようで(汗)。

まあ確かにレナトに頼りっきりで、彼がいないと縦への動きが乏しいのは問題ですな。清水戦ではレナト抜きでもそこそこ縦への意識は高かったようにも思えますが、まだまだリスクを恐れて縦へ入れるのを躊躇う脆さがまだあるのか、根本的なものは解決されてないのでしょうかねぇ…。ディフェンスは…まあ言うのはやめときます、毎度のことなので。ただ、そろそろいい加減何とかしてくれよ、としか言いようがありませんね。

私は、中断期までは辛抱の時が続くのは覚悟してますが、勝つためにはビビってばかりじゃなく、「やられたらしゃあないわ」と開き直って、果敢に縦へ攻める時は攻めきる、という事だけは忘れないでほしいものですよね。

まあ今日に関しては、内容はどうであれ、執念を見せて追いついた事は評価したいと思います。
並河悠斗
2013/05/11 22:47
清水戦であれだけ冴えわたった小林の裏へダイアゴナルに飛び出していく動きは何処へ?って感じでしたね。
他の選手も軒並み裏を狙うようなパスも動きも無かったし。
ポゼッションとは名ばかりの人任せ守備に辟易としましたね…。
ザル守備に関しては、クロスを上げられるとボールウォッチャーになってしまう悪癖と、それ以前に中盤でボールを奪う意識の希薄さが相まって最悪の方向で表出してしまったな、と。
個人的には、DFラインよりも中盤でボールを奪えない、奪いにいかないことのほうが問題だと思ってます。
Jリーグの上位のチームは、すべからく中盤でボールを奪う能力が高い。
まあ、守備も人任せなんですよね、結局。
で、結局最も人任せにしない(自分で行く)レナトのおかげで勝ち点1を拾えた、と。
選手たちは、もう一度「目的が何か?」ということを考えるべきでしょう。
その結果がアレなら、もうこのチームはダメでしょうね…。

2013/05/11 23:47
悪い内容の時は『人任せ』

これって昇格した頃から
何もかわってないんだけどねw
通りすがり
2013/05/12 04:58
応援お疲れ様でした。
DFの薄っぺらい守備には本当に頭にきます。そんなにヤラれた感がないのに簡単に失点しちゃいますな。もうここまでで21失点・・・orz
それとこの川崎のサッカーはやはりドリブラーがいないとダメです。エリア内でボール回したって固められて取られて終わり。攻撃のバリエーションがなければ守る方は簡単です。
コバユウの顔が濡れると×は座布団3枚です。
B旗ヲ
2013/05/12 06:27
守備面で顕著に現れるあのあっけない感じは、昔からの体質としかいい様がないですね。
まさに体質改善のお話なので、一朝一夕にとは行かないかと思います。
ちょっと良くなったと思ったら、また思い出した様に崩れる…。しばしそんな事の繰り返しかと。
でも僕は観ていて、シーズン序盤に比べれば、そこまで悲観する内容ではなかった様に思います。TAKさんのおっしゃる様にサイド勝負こそ物足りない感はありましたが、出し所がなく、まごまごする様な場面はずいぶん少なくなって来ましたので。
名古屋戦、清水戦と素晴らしい動きを見せてくれて、やればできるとの期待感が上がって来た中でのこれですので、ネガティブになりがちなのも分かりますが、良くも悪くもこれが今のフロンターレだと思います。
等々力劇場に復活の兆しがありますし(昨日に限っては劇場を生み出す様な状況を作ってはいけなかったとも思いますが(汗))、何より選手がやる気を失っていない状況ですので、しばし見守る様な気持ちで応援して行くのが良いのかなと思いますよ。
シンスケ
2013/05/12 08:55
どもです、追記です。

まあシンスケさんのいう事にも一理ありますね。ディフェンスで「やらかす」のはお家芸なわけですからね、なかなかうまくはいかないでしょうが…それでもきっかけ一つで少しずつ改善されることを祈りたいところです。まあ不幸中の幸い、選手が下を向いているわけじゃないでしょうから、しばらくは温かい目で見るのも大切かもしれません。

あと、どうやら関さんが磐田の監督になるかもしれないみたいです。これが本当なら、我々は関さんが調べ尽くすタイプの指揮官であることを知ってますから…いい選手が多いだけに、磐田戦は厳しい戦いになるかもですなぁ。まあ私としては、ツトさんやケンゴを道連れにしなければ何でもいいですけれども(爆)。
並河悠斗
2013/05/12 10:49
>皆様
 多分、どんな守り方をしてもボーンヘッドは変わらんのでしょうね。今、ゲーゲンプレッシングが静かなブームですがウチらにはどんなのが一番、良いのか、何をするため守るのかを考えないと行けないんでしょうね。
TAK
2013/05/12 23:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
超えるべきは自分@等々力陸上競技場「VS セレッソ大阪戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる