蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 力を以って制す@等々力陸上競技場「VS 浦和レッズ戦」

<<   作成日時 : 2013/07/14 22:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

 敵将をして「我々が負けるに値する内容」と言わしめしたこの試合。

 対浦和戦、初めての完全勝利。向こうの応援が聞こえないと言うか、気にならない試合もあまり記憶がありません。等々力も、それだけの風格を持ち始めたのでしょうか。

画像


画像


 何より良いのは真っ向勝負でぶつかって勝ち切った事。別にポゼッションを放棄し、ガチガチに守備を固めてカウンターばかり狙ってわけでもないですし、中盤を省略してロングボールばかり入れていた分けても無く、我々のすべきサッカーをしたのですから。

 向こうに鈴木啓太がいなくて、柏木が攻守に渡って消えていて中盤がスカスカ。阿部と那須の位置が逆になるのかと思っていたんですけど、そうでもない。これでストッパーが両サイドに開いたらカウンターでど真ん中を抜きやすいでしょうに。

 加えて興梠へのクサビを中澤と稲本が潰していたので、彼らの攻撃の芽を予め摘んでいたので攻めあぐねたり、強引に来るところを狙い撃ちにできたわけですよ。

 ただ立ち上がりから川崎と浦和、がっぷりと四つに組んで狭いスペースでのボール争いになってました。

 いつもだと立ち上がりはロングボールを使ってウラを使いながら、縦パスを入れる流れなのですが浦和戦に限ってはあまりありませんでしたね。

 まあ連戦に加えて、梅雨明けによる暑さ。そして怪我人が発生していてある程度はメンバー固定が必要な状況での試合ですから、省エネもやむなしだと思います。

 ただ省エネばかりでは勝てないので必要なのはメリハリ。出力のタイミングですね。

 大久保なんかは、そんなに走ってないんですけども勝負所ではしっかり走ってくれているんですよ。



 ゆっくりと時間が進みそうな刹那、クサビをフリックした縦の速い攻撃で先制。



 その直後に稲本が那須を強襲して、こぼれた球をレナトが持っていてポストに当てた後にもう一度、持ち直してゴール。

 起点となった稲本もかつての体力不足が嘘のような稼働。隣が真希になって運動量と球際の部分で仕事が分担できている事もあるんでしょうね。

 願っても無い2-0の展開に対して、強引に速攻で攻め続けるのではなく後ろでパスを回したり、完全に崩せると思った時以外は上がりを待つなど、ボールを持ちながら休憩が出来ていたのは好印象です。

 ただDFに負傷交代が多かったのは気になるところ。サネは攣っただけでしょうが裕介がね。その後プレーしていたので折れたとかではないんでしょうが、大事をとっての交代くらいならいいんですけども。

 今節ではまだ7位。次節の結果次第では5位まで上がれます。鹿島とあたる磐田と、セレッソとやる鳥栖の事を頭に入れながら大宮戦、後押しをされるのが良いと思います。



 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
応援お疲れ様でした。
スカッと勝ち気分良いです。
今年もアウェー2階席で跳ねる赤い連中を目のあたりにし絶対に勝ってやると思っていました。
上位にいるわりにはチョロかったのは以外でようやく風間監督がやってきたサッカーが花咲きだしたって感じです。
強力FW2人いない時に大宮叩いて上位へ行きましょう。
そうそうスーパーパトリックですが甲府へレンタルです。
なので1人空きができました。今月契約が切れるジュニの獲得と言う超サプライズありますかね。。
川崎の太陽がまた昇るのを期待しています。
B旗ヲ
2013/07/15 08:45
>B旗ヲさん
 最終所属を川崎にするためにも、それは大切ですね。
TAK
2013/07/15 21:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
力を以って制す@等々力陸上競技場「VS 浦和レッズ戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる