蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 土曜日のネガ@いぬLIFE「VS 松本山雅FC戦」

<<   作成日時 : 2013/08/18 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 甲府で川崎の勝利を見届けた翌日、千葉には帰らず松本にやってまいりました。

 目的はビール、じゃなくてアルウィン初参戦。ここに来れなかったら甲府行も無かったと言うそういう旅程でした。

 松本駅前からバスに乗り2〜30分。空港の近くの巨大な敷地の中にそれはありました。

 そして私を迎えてくれたのがこれ。

画像


 いきなり出鼻を挫かれました。

画像


 中に入ると見やすくて良いスタジアム。試合開始になるとホーム側のゴール裏は満員になって迫力もあります。

 埼スタっぽいなって感じました。

 今日だけなのかもしれませんが、こんなのが出てました。

画像


 射的。夜店かよw

 ここはスタメン発表が入場直前にあるんですね。他のところみたいにキックオフ20分前とかではなく。



 さて試合の話。

 土曜日の川崎のネガみたいな試合でして、中を固めた松本に対して崩せない千葉がボールロストして簡単に2失点。しかも開始15分以内で。



 先制点なんて最初のビックチャンスみたいなもんでしたからね。



 2点目もボールロストから速攻でサイドから真ん中に入ってきてのミドル。

 そんなに簡単に術中にハマってどうすんねんと言う試合でした。ケンぺスがいても大して内容は変わらないだろうと思うくらいダメでしたね。

 攻撃は受け手のポジショニングと出し手のパスの強弱がかみ合って無いんでズレてるんですよ。あれでは崩れません。

 また、もっと仕掛けるシーンがあってもと思います。特にサイドバックが。そこで外れると、マークがずれるのでスペースが出来るんですけどね。

 ただそれが難しいとなると崩して得点するよりセットプレーでの得点の方が現実味があるだろうと思ったら予想通り。いやそれ以上に点を取ってくれました。





 2点も取れたんで、これで最低でも引き分けに持ち込まないと行けなかったんですけどね。どうして勝ちこされるのかと。割と早い時間で引き離されましたからね。

 得点源のケンぺスがいないのと森本の選手登録が間に合わない以上は、今節の得点力低下は避けられないとわかるはず。ならば少なくとも守る事の重要性はわかってるんじゃないのかと。

 2点取ったら勝てるようにしないと、プレーオフに回ったとして今年もヤバんじゃないかと言う危惧を覚える試合ではありました。

 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
土曜日のネガ@いぬLIFE「VS 松本山雅FC戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる