蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 頂上決戦@等々力陸上競技場「VS 横浜Fマリノス戦」

<<   作成日時 : 2013/12/07 23:07   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

 お互いにこれ以上は考えられないベストメンバーを揃え、審判は西村主審。対峙する両チームもリーグもそれだけガチなんだなと理解できる試合。

 フロンターレが1-0で勝ち切りました。このマリノスにクリーンシートで勝ち切りましたよ。決してマリノスは簡単な相手ではありません。それだけ出色の出来と言えます。

 そしてシーズン当初は18位だったのに、シーズンが終わってみたら3位でACL出場権獲得。



 けっこういたように思うアンチ風間派どこに行ったのでしょうか。

 それはさておき立ち上がりはマリノスの早いプレスに押されて低い位置でボールを回さざるを得ない展開でしたが、徐々に上げて行き、前半は長い時間に渡り押し込みました。

 パスも繋がればルーズボールへの出足も良い。今まで止めて蹴る事を徹底してやってきたと思いますが、今日ほどトラップが上手いなぁと感じる日も無いです。あれだけ厳しいマリノスのプレスをかわして繋ぐと言うのは難しい事だと思いますが、いとも簡単にやっている。

 後ろのポジショニングがしっかり取られているし、彼らの技術力も高いからバックパスを奪われるリスクが低い。

 縦のパスが入っても大久保やレナトは潰されないし、中に絞ってくる大島もキープできるから漫然と保持しているだけではなくて危険な位置でボールが受けられるし、崩すようなパスが出てきます。

 守備も上手くパスコースを切っていて、中村俊輔と斎藤学に対して良いようにやらせないだけでなく、取るとなったら果敢にボールを取りに行きました。

 あれは良かったですね。そこで取れるとチャンスになりますが後半、ケンゴが富澤から高い位置でボールを奪えたシーンもあったりもしました。こんなにパスコースを切ってボールを奪いに行く試合は記憶にないのですがね。

 先制点のシーンもケンゴが中村俊輔からボールを奪ってから。

 大久保のミドルも大島のキープも、走り込んできたレナトのシュートもさすが。その後、悠サマが外した2回とノボリが低いクロスの出し方を間違えたとしか思えないシーンくらいしかチャンス無かったですから、あそこで決められて良かったなと。

 後半、時間が経つにつれて向こうが前の人数を増やして、裏に蹴っ飛ばしてくる展開でプレスがかけにくく守りづらくなりましたが、良く守りました。昔なら決壊してたでしょうに。

 ああいう戦い方でやられるのが嫌でしたからね。同じカウンターでも相手のプレッシャーを抜けてのカウンターの方が気持ち良いですから。

 今シーズンもホームの湘南戦や鳥栖戦、アウェイの鹿島戦と節目で勝てないケースが多かったですが、シーズン最後にこういうシビレる試合で勝ってくれた選手たちに感謝します。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今シーズン応援お疲れ様でした。
2005年の悪夢を見ずに済み、またマリノスの優勝のプレッシャーって凄かったんだなと。守るより追う方が断然楽ですね。
今後川崎が優勝目前でこうなっちゃうと考えると・・・
最終戦で最高の試合を見て本当に興奮しました。
こんなに気持ちよく帰れたのは久しぶり。
でも欲を言うと首位広島まで勝ち点3差。
開幕ズッコケて途中鳥栖などに敗戦したツケがこうなるんですよね。
風間サッカーはここまで完成してきたので来年はタイトルを口にして良いのではと思います。
もう自分の中ではACL補強の為の選手をリストアップしていますよ。
テセ・都倉・岩政・ジュニ・・・・・
楽しみだ〜〜
B旗ヲ
2013/12/08 07:46
どもです。いやー、最っ高の最終戦でしたね。マリノスに前半戦の借りを「利子つき」で返せて快感でした。今シーズンの最後の最後に意地を見せてくれた選手たちに感謝ですな。

ハッキリ言ってしまうと、マリノスがここ数試合で1点以上取った試合がほとんど無かった点を見て「いけるかもしれん」と思ってました。ディフェンスは堅いけど、攻撃面は俊輔頼みで思ったよりも怖さはなかったですし。その点ウチは誰かがダメでも今となっては全員でフォローできるようになりましたしね。勿論、現段階ではまだまだ未完成の面もありますが、変幻自在の攻めが出来ているあたり…風間サッカーのベースは出来つつあるでしょう。

開幕直後は本当に降格もあるやもしれない、と思いましたが…よくぞ見事にACLの出場権を得るまでに盛り返したものです。この結果を見て、散々風間さんのことを扱き下ろしたアンチ共も少しは黙るでしょう。勿論、私はハナから風間さんのことを信じてましたよ(汗)?ただACL出場が決まったので、フロントには今回の賞金でレナトとジェシのお買い上げと同時に、新戦力の獲得(特にパウリーニョや岩政など)。に全力を尽くしてほしいものですね。

とはいえ、まだ戦いは終わってません。ヒロキにカップを掲げさせるためにも、天皇杯制覇へあともう一息頑張ってまいりましょう。

P.S. ジュニ鹿島退団だそうです。レナトの引き抜きにメドが立ったため、とは思いたくないですが…。まあ、今はそんなことよりもジュニがどこへ行くかが気になります。
並河悠斗
2013/12/08 20:48
>B旗ヲさん
 いつ以来でしょうね。こんなに気持ち良いのは。来季の補強次第ではタイトル奪取を公言しても良いかもしれません。

>並河悠斗さん
 岩政は足元がなぁ・・・、中澤よりはいいのかもしれませんがね。ジュニはB旗ヲさんがコメントしてくれると期待しますが帰化してウチに戻るがベストです。
TAK
2013/12/08 21:33
試合前の願いが全て叶うという最高の結果でしたよねぇ〜、本当に。
あの現場にいられたことは本当に幸せでした。
事前に「マリノスの優勝を見るのも今後の成長のためにはいいかも…」なんて予防線を張ってしまったことを、猛烈に後悔しましたけどね(苦笑)

西部とジェシが神憑ってたのは言うまでもないのですが、大島もメチャクチャ良かったと思いました。
右WGで先発するときはいつもプレーに迷いが感じられたのですが、この日はそういったものは全く感じませんでした。
あのスルスルと抜けるドリブルは、今後の彼の強みにしていってほしいですよねぇ。

2013/12/08 23:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
頂上決戦@等々力陸上競技場「VS 横浜Fマリノス戦」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる