蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 4年後に向けての査定試合その1

<<   作成日時 : 2014/09/06 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 これでウルグアイのやる気が感じられなかったら寒い試合だったなと。0-2で負けですからね。

 勝てるとは思ってなかったですけど、ここまで毒にも薬にもならないかと思うとゲンナリです。見ながら感じていたのは次の3つ。

1.武藤は大怪我せず伸びて行ってもらえばロシアW杯の主力だろう。
2.坂井が呼ばれたのは希少な「左利きのセンターバック」だけだったんだろうか。
3.親善試合だからこそ戦ってる選手とそうで無い選手の選別が試合を通じてされてるんだろうな。


 2についてはクラブに戻って精進してください以上の事は言いません。

 で、3について試合後のコメントでも監督は集中力と言うワードで発信していたようですね。

 ロシアW杯を見据えてのプロジェクトと言う事と、殆ど準備も何もこれからの状態での初戦と言う事を考えると、この試合で為すべき事は自分のチームに必要な選手を見極める事ですよね。

 さて誰が残って、誰が去るんでしょうか。

 かつてオシム時代に美徳と言うか、良い事と言われていた勤勉性と言うか、献身性の部分をもう一度見直すためのアギーレ体制である事を願っています。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
武藤は期待できそうですよ。
彼こそ、カズ以来(真の意味での)欠番だった11番の正統な後継者だと思いましたね。
少なくとも柿谷なんかよりも11番にふさわしいですよ。
あの迫力ある突破と豪快なシュートは、久々に日本に誕生した本格的なアタッカーって感じです。
宇佐美や原口と違って賢そうなのもいい。
あの賢さだけで、同タイプの宇佐美や原口を、既に一歩も二歩もリードしているとさえ思ってます。
技術的には宇佐美や原口のほうが上ですが、そんなものは安定したメンタルが備わってなかったら無いのも同じですからね。
武藤のスターシステムなら、ボクは支持しますね。

2014/09/10 20:52
>Fさん
 何てたって慶応ボーイですからね、彼は。スターシステムに乗って大きく成長してくるならばそれはアリですな。
TAK
2014/09/14 00:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
4年後に向けての査定試合その1 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる