蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS 風間体制2年継続

<<   作成日時 : 2014/11/29 09:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

風間監督が契約更新です。

『ここにしかないスタイル』の構築みたいな事で口説いておいて、この期に及んで監督を変えることは無かろうと思ってましたから、当然の帰結かなと思ってます。

アンチ風間派が色々と言うでしょうが、クラブの色を決めるのは俺らではないので、それが嫌なら離れてマリノスでもヴェルディでも応援すればいいじゃんかと思うのですけどね。

それでもなお等々力で川崎フロンターレを応援するならば、ダメな試合の内容を批評するのはいいけど、クラブの方針は批判しない事が良いと思ってます。

投資先の方針が嫌だから資金引き上げます、みたいな感じ。

せっかくのお金と時間を嫌な事に注ぎ込む必要は無いでしょう。

アンチの方の言論を見ると、フロンターレに依存してる感じを受けるのですけどね。そうではないのかもしれませんが。

あくまでも応援する、しないは貴方の自由。スタンドから野次って何かが変わると思いますか?
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
まあ、これは就任当初からある程度分かりきっていたことですよね。
大仰なことを言ってスタートして、その欠片も見えなかったら3年くらいで終了ってことも十分に考えられましたが、それなりに形と一応の結果は見せてますからね。
なので、ここで延長は折り込み済みです。
今後の2年間でタイトルかもしくは世代交代が成功すれば、もう少し長くなるかもしれません。
個人的には、タイトルなんかよりも世代交代を成功させてほしいと思ってます。
で、タイトル獲るのは次の世代ってことで。
理想は、ペトロビッチ→森保で結果出したサンフレッチェって感じですかね。
ジョーカー
2014/11/29 20:48
アンチ批判するなら、もっとまともに批判すれば?
風間ノサッカーのどこが面白いのか、未だに信じている人がいるとはびっくり。
チマチマパスをつなぐだけで憲剛以外は縦に勝負できず、ボランチへのプレスでカンター浴び放題。
戦術破綻はすでに明らか。
そんなサッカーに未来を託すのは川崎にJ2に落ちて欲しい鞠サポかな?
アンチ
2014/11/30 07:54
クラブの方針は批判するな、気に入らなきゃ余所に行けって?自分が応援するチームの方針に意見を出して何が悪いの。それもこれも、少なくともタイトルを1つは取るって宣言しておいて無残な結果に終わったことが原因。出来もしない事を安請け合いしてサポをガッカリさせないでくれ。この世界は結果が一番大切(すべてとは言わないが)。結果責任や任命責任を取らなくていいなら、もはやプロの仕事じゃなくて、クラブ活動。勝てればいいけど、結果が出なくてもそれはそれで応援するチームがあることそのものが幸せということなら、サポにはチームに対する色々な期待があることも知ってね。
アンチその2
2014/12/01 01:36
>ジョーカーさん
 そうですね。そんな感じだろうなと思ってます。タイトルは狙うけども一番のポイントはスタイル構築だと思いますので。

>アンチさん
 まともな事を書いても同じ事を言われると思いましたのでね。
 そもそも戦術崩壊してたら降格争いだったと思います。対策を練られたら、それを上回る事をする。これの繰り返しです。生身の人間のやる事なのでゲームと同じにはいきません。
 お願いが1つあります。これぐらいのコメントでしたら誤字・脱字に関して確認をお願いします。見にくいです。

>アンチその2さん
 発言は自由ですが、それをクラブが受け入れるかは別問題です。
 少なくとも今回、あと2年は風間体制が継続と言う事になりました。
 このままいらっしゃると言う事は例えるとメインシェフ(監督)が変わって、供される料理(試合内容と結果)が悪くなって改善されないのに通い続けるって事ですよね。
 それって何のメリットがありますか。無いなら別の所に行くのも選択肢でしょう。当然、行かないのも含めてです。
 風間体制の批判をクラブにしたとして、それをクラブが受け入れるかは別問題ですね。
 少なくともタイトル獲得を至上命題として、就任前後の話を見聞きする限りでは風間監督を招聘しているとは思いませんから。
 サポのチームに対する期待はそれぞれあるでしょうが、それを全て応えられるわけではないと思いますよ。
 応えたくても応えられなかった事もあるでしょうし、相手もある事ですからね。成果主義的発想で判断されるのは自由ですが、私自身としては理解はしますが共感はしません。
TAK
2014/12/01 11:52
アンチの皆さまはイヤならものにお金と時間を割く余裕があって羨ましいですね…
まあタイトルはどさくさ紛れに手が届けばラッキー、現実的な目標としては資金的な面もあるので賞金圏内(できればACL)、メインは世代交代、脱ケンゴがテーマだと思います。ここで脱ケンゴの形ができるかで大きく変わるかと。
世代交代と言うのはサポに現実を認識させる意味でもクラブももう少し声に出していいと思うのですがね…
個人的には守備コーチ導入して中盤より前の守備を整えて関塚時代の前後分断サッカーの名残も一掃して頂きたいのですけどね…
通りすがり
2014/12/02 00:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
風間体制2年継続 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる