蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS アギーレジャパン大過なく初陣を飾る「AFCアジアカップ観戦記」

<<   作成日時 : 2015/01/12 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 さあJリーグはオフですが日本代表はアジアカップがあります。前回の李忠成のスーパーボレーからはや4年。

 ワールドカップがサッパリでしたから、せめてここで代表戦で燃えられる展開を期待していました。

 日本はディフェンディングチャンピオンとしてこの大会を迎えます。初戦はパレスチナ代表、AFCチャレンジカップを勝ち上がってきたチーム。

 同じ組にイラクとヨルダンがいますので、大差をつけて勝ちたいですが初戦で超格下相手、勝って当然だけに入り方が逆に難しいですね。

 負けは論外、引き分けもありえねー。完勝が求められるアギーレどうする?

 布陣は4-3-3。並びは下図の通り。

画像


 風速10mの強風でロングボールが流される中の試合でしたが4-0で快勝。もっと点は取れたでしょうがパレスチナとのレベル差のせいで荒っぽく怪我人が出なかった事は良かったし、無駄なピンチからカードももらわなかったのがとても良かった。

 日本の戦い方は本田と乾が中に絞って遠藤や香川が外に開く事でバイタルエリアにスペースを作っていました。サイド攻撃の中心は基本的にウイングよりもサイドバックが担っていたと考えます。

 上手く相手のマークをサイドに引きつけて剥がしてチャンスメイクしてました。理にはかなってて後はフィニッシュの場面をどう演出するかです。

 で、その場面も早々に訪れます。左サイドからの攻撃、長友のオーバーラップと香川がサイドに流れた事で乾が下がってきましたが向こうのダブルボランチが乾についていて遠藤をフリーにしていました。

 馬鹿だなぁ、チャンスになったけどと思ったら乾からフリーの遠藤へボールが繋がりました。

 撃ってしまえ!その願いが届くように地を這う弾道でネットに突き刺さりました。PKじゃないのにあの軌道で入るもんなんですね。

 2点目もやはり左からで今度は遠藤が縦に抜け、長友がクロスを上げ乾が落したボールを叩いた香川のシュートを岡崎が頭で軌道を変えてキーパー動けず。

 意図する形で崩してFWが決めた事が凄く意義あるゴールであったと思います。強いチームはFWがしっかりフィニッシュに絡むものですから。

 遠藤が下がって、少し一本調子になったように見えましたが、最終ラインで球が収まるので無用な打ち合いにはならず、疲労も最低限で済んだのではないかと思えばまずまずの発進でしょう。

 



 
 
 
 
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アギーレジャパン大過なく初陣を飾る「AFCアジアカップ観戦記」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる