蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−

アクセスカウンタ

zoom RSS ゆるふわ@味の素スタジアム「第25回多摩川クラシコ」

<<   作成日時 : 2015/05/02 22:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

 えー、自滅ですね。

 自滅。

 大事な事なので二回、言いました。

 正直、勘弁してくれねーかーなー。こういう負け方は効くんだよねー。諸事情あって前節、来てないから良いものの二戦連続の逆転負けって何事よ。

 しかも力負けって言うか、自分たちでリズム崩して負けてれば世話無いっすよ。相手がこちらのリズムを崩そうとしてくるのはわかってる前提でのサッカーですからねー。

 最初、向こうは4−3−3で前の3枚がワイドに開くような形になってましたが、失点後から徐々に中に絞ってサイドバックが絡んでくる展開になって押し込まれましたな。

 また前半より後半の方がグイグイ来てた中で、こっちの方の球際、運動量が変わらないままではミスのリカバリって難しいかなって。元はと言えばの退場シーン。エウソンとのパス交換ミスから始まってますもんね。

 前半の時点で割と打ち合い、こちらがパスをつなげたイメージが強すぎるのでしょうか。相手が修正してくる前提で入るべき後半なのに、そのまま「ゆるふわ」で入ってるのがいたって言われてもしょうがないかも。

 勝つために無慈悲に叩き潰しにいくって感じを受けないんですよね。負けてるチームが前からガツガツ来るのわかってて対応できないってどういうことですか。

 パスを繋いで崩していけるのはわかったんで、あとはそれで勝つためにどう叩き潰すのかって所のディテールも追求してほしいかなぁ。おそらくはしてるのでしょうけれどもね。

 船山を下げてエウソンを残した時点で、カウンターするんだなと思いましたがそうにもならないし上手くすべき事が伝わってない感じがしました。

 そもそも攻撃も船山が入りまして少しだけマシになったようですが、ダブルボランチから効果的に球が入って崩していた訳じゃない。むしろダブルボランチを潰しに来て前線と中盤が間延びしてましたね。球なんか入る訳ないじゃんと思います。

 そろそろあのダブルボランチも終わりかもしれませんね。ボランチの一角は谷口か角田か真希かわかりませんが変えていい時期かも。

 失点って全てセットプレーですが後手に回るからファウルになってしまうんでしょうし、決勝点のコーナーキックになったシーンって前に向かって蹴りだしておけばよかったものを繋ごうとしてああなったようなもんですからね。

 判断ミスもゼロじゃない。

 流れの中では崩されても中でしっかり守ってたけど、ああいう所でやられたのでは同じこと。本当に強いチームはあれでも何とかしてしまうんですがね。それほどじゃないってわかるそういう試合でしたかな。
にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ →最後までご覧いただけましたらランキング投票の応援クリックをお願いします。あなたのクリックが私の勇気です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
お久です。

TAKさんも今のWボランチが諸悪の根源だと気付かれましたか。船山が入って相手のボランチをケアしてくれたら、その脆弱性を晒すようなことはなかったけど、肝心の攻撃でまったく貢献できないという始末。正直、攻撃で貢献できないのなら、このWボランチを組む意味がありません。リョータだけ残して谷口なり角田なりと組ませてテコ入れを図るべきですよ。ちなみに、どうしても憲剛を使いたいというのなら、トップ下限定だと僕は前々から思ってます。

さてクラシコのほうですが、前半の内容が良かったという意見が多いけど、そんなの前の試合に比べたらって程度ですよ。ウチが比較的前半に良い内容になるのは、相手がウチの攻撃をリスペクトして前半は引いて様子見してくるからです。結局、その前半に流れの中から崩すシーンも少ないし、首尾よく先制しても柏戦やクラシコのように、後半になって前から圧力かけられると、受けてしまってバタバタしてしまいジ・エンドです。相も変わらずセットプレーから簡単に失点してますし、何も改善しちゃいないんですよねぇ。

正直、このサッカーに飽きてきた自分がいます。風間さんが監督退任後も育成で残ってくれるのならいざ知らず、そうでないのなら、さっさと城副さんにでも代えるべきだと思いますねぇ。風間さんを支持する理由があるとすれば、それはこの路線を育成年代からも徹底させるという覚悟をフロントが示してからです。

2015/05/03 01:02
どもです、大変お久しぶりです(苦笑)。気が付いたら転勤されていたようで…慣れない環境で大変なことも多いでしょうから、くれぐれお体には気を付けてください。

ボランチに関してはみなさんと同じ意見ですね。憲剛と大島のどちらかは前に出さないといざと言う時にカウンターを食らってジ・エンド、というのもそうですが…ゲームメイクができない、というのは火を見るより明らかですからね。大久保が後ろに下がるようでは得点の匂いは一気に消え失せますからね。去年の後半から大久保が痺れを切らしてゲームメイクしてた場面も多かったですし。

TAKさんには申し訳ないですが、Fさんとは別の意味で風間さんは来年の契約満了をメドに交代した方がいいかと思います。言い方は悪いですが「食傷気味」なんですよね。攻撃はかなり進化を遂げている一方でディフェンスは相変わらず、かつ修正する術を持ち合わせていない、というのは過去の3年で実証された感があります。もはや、風間サッカーの限界でしょう。ただ、ポゼッションサッカーが出来る土壌はある程度出来たと思うので、それを盤石にしてもらい、その間に路線を継承しつつ取れる試合を確実に取れる術を持つ監督(可能なら来年からコーチ就任→昇格)を探しておくのがいいと思うんですよね。まあ、そんな簡単な話じゃないんですが…(汗)。

話は変わりますが、信平ちゃんの社長退任は本当に寂しい限りです。私自身、結構ボロクソに言ってきましたが、フロンターレがあれだけ川崎市民にとって身近なものになったのは信平ちゃん(+天野乙、ヒロキ)の尽力あってのことですしね。ワラシー(藁科新社長)には信平ちゃんの積み上げてきたものを継承しつつ、本当の意味で優勝争いできるチームにしてもらいたいものですし、そのためにもしっかり支えていきたいものですね。

長文失礼しました。私も随分たまっていたんですな…(汗)。
ゆーと(並河悠斗改メ)
2015/05/04 13:26
>Fさん
 ねー、そろそろ限界ですよね。

>ユウトさん
 ディフェンスを修正する発想はないかもしれません。
TAK
2015/05/08 01:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゆるふわ@味の素スタジアム「第25回多摩川クラシコ」 蒼と黒の神話 −川崎蹴球浪漫譚−/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる